安曇野のペンションで窃盗に遭いました。 とても長文です。 疲れているのと 傷ついて 今とても落ち込んでいます。 まともな文章が書けず 大変読みづらいと思いますが 読んでくださる方 ご意見を頂けたらと思います。 本日、安曇野花火大会のために 市内の温泉付きペンションを利用しています。 15:00にチェックインして直ぐ 貸切家族風呂を利用した際に大切な物を浴室に置いて出てしまいました。 すぐに戻りましたが、既に別の方が入室したところだった為、お風呂があくまで待ってから探しに行きましたが見当たりませんでした。 フロントに届いていないかオーナーに尋ねると、宿帳を見て直ぐに何方が利用したのか分かりました。オーナーの知り合いらしく、あとで聞いてみると言ってくれました。 ところがその後、オーナーの態度が変わりました。 次の人ではなくて3番目の利用者の〇〇さんだと思うと名指しで 宿帳を見せてきました。 でも、誰も見ていないのに2番目の方ではなくて何故3番目の方が犯人だと決めてしまうのかと少し驚きました。 尋ねて頂けるのかと思いきや そんな感じはなく、犯人と決めつけられた名前だけを聞いてしまった私は困惑しました。 モヤモヤしたまま 泥棒かもしれない人と 明日の朝食で顔を合わすのかと思うと嫌でした。 それに、他人からみたら大したことが無い物でも、私には大切な物なのです。 ペンション滞在中にしか返してもらう機会は無いと思ったので 警察へ相談したいとオーナーへ話しました。 でも、オーナーは 甚だ迷惑だと憤慨。勝手に置いたくせに勝手に警察なんか呼ばれたら迷惑甚だしいと。他にも罵倒されたので 録音しますよと伝えたのですが、オーナーは怯まず窃盗を正当化して、私が一般から外れていると罵り続けました。 オーナーから言われた言葉に納得がいかないこともありますが、何より相手が分かっているのだから返して貰いたいという理由で、安曇野警察へ相談をしました。 お巡りさんと刑事さんと鑑識の方が来られて、数時間のうちに現物が返却されました。盗った女性の彼氏から笑いながら(照れ?誤魔化しの笑い?)謝罪がありましたが 女性本人から謝罪はありません。 現物が戻って来たので 被害届は見送りましたが、 警察の方が帰ったあとにまた、オーナーから酷い言葉を15分以上も言われ続けました。 警察の方は どんな物でも窃盗は窃盗だと。 小さな宿で 人物がある程度限定されるなかで起きたこと。気持ちはわかりますと。まして娘さんからプレゼントされた形見のような物であれば尚のこと。きちんと捜査しますと。 人間的な理解をしていただけたと思っていますが ペンションのオーナーは違うようでした。 刑事さんの質問にも非協力的で、じゃらん予約分の5部屋だけ宿帳を提示しますが、ネットに掲載していない残り4部屋分の別の宿帳はあやふやな説明で提示もせず。 結局、刑事さん達が宿泊者全員へ聞き取りして盗った人が判明しました。 犯人以外のお客さんからは 酷い目に遭いましたね、せっかくの花火大会にも行けず大変でしたねと声をかけていただきました。 私のしたことは一般常識から外れているのですか? 物を盗られた挙げ句、23時過ぎに もう帰られますか?などと言って追い出されそうになり この時間に行けるところがありませんと抗議したら オーナーから酷い言葉を投げつけられて 結果的に窃盗犯と同じ屋根の下で過ごさなければならないのが当たり前なのでしょうか。 とても傷ついたのと、非常に疲れました。 目的の花火も見れませんでしたし夕食も摂れませんでした。多分 朝食も難しいかと。ちなみにシーツには靴の踏み跡が付いていましたが 宿の言葉は何もありませんでした。 大切な物を置いて出たことは私に落ち度があると認めます。 娘との思い出が消えたような気がして悲しい。私が一瞬でも忘れて旅行などしたからいけなかったと涙がでる。 だからこんな思いをするのは当たり前なのかもしれないと。 全く眠れないです。 同じような目に遭われた方、どのように対処したかなど コメントをいただけるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。

リンク(外部サイト)



スポンサードリンク